車検費用の広島での仕組み

   

車検費用といっても大きく分けると2種類あります。一つ目が法定費用と言って税金や印紙代です。これらは車の種類やエンジンの大きさなどで決まっており、ディーラーであれガソリンスタンドであれ、金額は一律に決められていてどこに出しても同額です。2つ目が車検基本料や基本料金、その他の諸費用です。その他の諸費用とは、車検の為に必要な点検整備にかかる部品代になります。法定費用というのは、誰でも同額を支払わなくてはなりませんので、これを安くする方法はありません。問題は、車検基本料やその他の諸費用の部分です。この部分は業者によって違いがあり、見直すことのできる部分なのです。

法定費用

法定費用というのは、自動車重量税、自賠責保険、印紙代をさし、これらの費用には消費税はかかりません。この法定費用は、車種ごとに法律で決められている費用であり、広島に限らず日本全国どこで受けても同じ金額になります。この中でも重量税は、車の重量と期間によって変わってきます。軽自動車は一律5,000円ですが、エコカー減税が適用されれば2,500円です。自家用車の場合は、概略ですがコンパクトカーなら10,000円、1.5トンから2トンのミニバンは20,000円になっています。ただしこれも排出ガス性能や燃費性能の良いエコカーに対しては減税措置が取られています。
自賠責保険は、交通事故による被害者救済のために作られた保険で、車を持つすべての人は必ず加入しなければならない、いわば強制保険です。またこの保険は対人のみの損害保険であり、物損や運転者自身のケガに対しては保証の対象外となります。そしてこの保険は車検の期間分加入することになり、24か月契約の場合、普通車なら25,830円、軽自動車なら25,070円支払うことになります。
印紙代は検査手数料のことで、印紙で支払うためにこう呼ばれています。これは4・5・6・7ナンバーの小型車は17,00円、3ナンバーの普通車は1,800円、軽自動車が1,400円です。

広島での車検基本費用

車検基本費用とは、24か月定期点検料と測定検査料、代行手数料の合計金額を指します。そしてここには人件費も含まれているために、業者によって金額が変わるのです。概略ですが、これをディーラーなどで行うと軽自動車で16,200円、コンパクトカーで21,600円程度ですが、カー用品店では安いところだと13,000円ほどでしてくれる店もあります。
これらすべてを含んだ大体の相場を総額で記すと、ディーラーは約100,000円、カー用品店約70,000円、フランチャイズ店60,000円程度になります。これらを総合すると、どうやらフランチャイズ店に分がありそうです。

ピックアップ記事

車検の広島での予約方法

広島で車検を予約する方法としては二つあります。その二つとは、大きく分けると業者に依頼する場合と、ユーザー自身がする場合の二つがあるのです。業者の場合も、ディーラー、整備工場、スタンド、カー用品店、フラ...

広島での車検

広島で検査を受けようとする場合、業者に頼むのならそのほとんどを業者が代行してくれますが、ユーザー車検のように自分でしようとすると、書類はすべて自分で用意して持っていかなければなりません。業者に依頼する...

車検費用の広島での仕組み

車検費用といっても大きく分けると2種類あります。一つ目が法定費用と言って税金や印紙代です。これらは車の種類やエンジンの大きさなどで決まっており、ディーラーであれガソリンスタンドであれ、金額は一律に決め...

広島での車検の期間

車検の期間は、普通乗用車なのか軽自動車なのかという種類によって変わるわけではありません。基本的にはその車の種類に関わりなく同じになります。ただし、貨物車のような車は少し変わりますので、注意しなければな...