ここ最近では、従来の携帯電話に代わってスマートフォンやタブレットが台頭し、それに関する様々なキャリアやサービス、プランなどで溢れるようになりました。そのため、この業界で活躍していくためには、豊富な知識はもちろん、環境の変化による流行やサービスなどを勉強し続け、それをお客様に分かりやすく伝える技術も身に付けておかなければなりません。また、完全なる接客業なので、話し方や仕草、礼儀作法など最低限のマナーは必ず身に付いておかなければならないし、万が一のトラブルなどに対する対応力も必要となります。求人においては、それらが最低限身に付いているかを調査されることは明確なので、もしもこの業界を目指す場合には、まずは最低限の礼儀作法やマナーなどを押さえるようにしましょう。

知識を吸収するだけでなく、分かりやすく伝えることも意識する

携帯ショップへの就職、あるいは転職の場合には、各キャリア店舗やそれらの代理店など、様々な配属先が考えられます。配属先ごとに覚えることは異なっても、大変さはさほど変わりません。そのため、自分がどこに配属されても、またどのような年齢層のお客様を対応することになっても、豊富なサービスやプランなどの知識を、分かりやすく伝えられるように準備しなければなりません。これらは、働きはじめの研修によっても学ぶことになりますが、求人に応募する前からでも、自分が出来ることをやっておくと効果的です。たとえば、スマートフォンやタブレットなどの情報には常にアンテナを張っておくことや、自分が伝えたいことを分かりやすく伝える練習をするなど、日常の生活においても出来ることはたくさんあるでしょう。

礼儀作法や話し方のマナーも、日常生活から意識すること

先述した通り、この業界での仕事のほとんどは接客です。そのため、どんなに知識が豊富で、それを分かりやすく伝える技術かあっても、礼儀作法や話し方の印象が悪ければ、契約してもらえない可能性があるばかりか、自分一人の影響で全体が悪い印象を持たれることもあるでしょう。そのため、携帯ショップの求人においては礼儀作法や話し方のマナーを重視しているところが多いため、最低限のマナーは身に付けておくことが大切です。とはいえ、人の習慣や癖は短期間で改善するものではないため、マナーを良くしようとするには長い期間を要するのが普通です。したがって、携帯ショップで働き始める以前の段階から、日々の生活において少しずつ、意識しながら改善していくことになります。特に挨拶や言葉遣いなどは、自分で気づかない習慣や癖があるものなので、第三者から客観的に評価してもらうことも効果的でしょう。